母の日プレゼント手作り幼児の手形アート参考アイデア5選!やり方のコツも紹介!

母の日プレゼント手作り幼児の手形アート参考アイデア5選!やり方のコツも紹介!
Pocket

この記事では、母の日のプレゼント手作り幼児の手形アート参考アイデア5選!やり方のコツも紹介していきます。

もうすぐ母の日ですね。

プレゼントに何をあげたら喜ぶだろう、手作りが喜ぶかな、といろいろ悩むことでしょう。

お母さんはどんなプレゼントでも喜ぶけど、今回は、手作り幼児の手形アートにし挑戦してみましょう!

子供の成長の証になる手形アート、家族みんなの宝物になるでしょう。

こんな時期もあったな、と懐かしさに浸ることもできますね。

手作りの手形アートはやり方もさまざまなので、参考になればと思います。

 

母の日プレゼント手作り幼児の手形アート参考アイデア5選!

手形アートは、手にスタンプインクや、絵の具を付けてペタンとするだけで出来ます。

幼児も遊びながら、喜んで出来ますね。

何種類も色を使って、カラフルにしてみるのもいいでしょう。

デザインも、考えるとワクワクしてきますね!

材料も100円ショップなどで揃ってしまうものもあるので、気軽に始めてみましょう。

紙以外の土台や、やり方など参考になるアイディアをご紹介していきます。

 

ファブリックパネルで手形の花束

ファブリックパネルは元々は、北欧からきたと言われています。

立体感があるので、インテリアとして飾ると雰囲気が良くなるでしょう。

上記の写真の花束は、花の部分を指先でポンポンと色を重ねています。

とてもカラフルな花になっていますね。

もう一つは、手がそのまま花になっています。

茎や葉は、筆で書き加えると、とても可愛いですね。

 

やり方

  1. ファブリックボードを用意します。
  2. 水彩絵の具、筆、またはスタンプのインクを手に塗ります。
  3. そのままファブリックボードにペタンと、手をつけます。
  4. しばらくそのままにして乾いたら完成です。
  5. 最後にウェットティッシュで手についた絵の具をふき取りましょう。

ファブリックボードは、板や発泡スチロールでもできるのです。

それから布をかぶせて、裏返しにして布の切れ端をとめると、ファブリックボードの完成です。

ファブリックボードには、最初に背景の色や柄を絵の具で描いておくといいでしょう。

海をイメージして水色で塗って、乾いたらお子さんの手に好きな色の絵の具でシマシマに塗り、横にペタンとすると、お魚が泳いでる絵になります。

 

コルクボードで手形ツリー

上記の写真では、手形でツリーを作っています。

たくさんの色と手形を重ねて、きれいなツリーになりました。

周りに折り紙を折って飾っているところが、雰囲気が出ていいですね!

コルクには、このようなカラフルなツリーがとても合いそうです。

ぜひ、チャレンジしてみましょう。

 

やり方

  1. コルクボードと絵の具を用意します。
  2. 手に絵の具を塗ってペタンとします。
  3. 乾いたら完成です。
  4. 最後にウェットティッシュでふき取りましょう。

コルクボードの質感がとてもいい味を出しているので、背景に色を塗らなくても、一目おける手形アートになるでしょう。

コルクの色に合わせると、明るくて目立つ色(黄緑やピンクなど)がおすすめです。

 

紙粘土で立体手形アート

紙粘土を使って手形をとるのは、簡単にできます!

ギュッと押し付ければ完成。

乾くと固くなるので、好きな色を塗ってカラフルにしてもいいですね!

上記の写真は色を塗らずに、ニスを塗ってツヤを出しています。

ニスを塗ればツヤとともに、乾いた紙粘土にひびが入りにくくなります。

 

やり方

  1. 紙粘土を平らにのばします。
  2. お子さんの手をギュッと押し付けます。
  3. あとは乾くのを待つだけです。

形を作ったときにぶら下げられるように、紐をつけておくのもいいですね。

形は、手形をとったときに広がって変わってしまうようなら、手形をとってから周りの形をつくるのもいいかと思います。

形はお好みで丸、星、ハートなどにすると、可愛くに仕上がりそうですね。

粘土は何回もこねてやり直せるので、いろいろ試してみてはいかがでしょう?

 

アルバムの表紙に手形でLOVE

アルバムの表紙にLOVE、素敵ですね。

この写真では、足型をVの字にしたのを囲んで、そのまま可愛いハート型にしてLOVEを表しています。

他には、LOVEのOを手形、Vを足形にしてみるのもおすすめです。

LOVEにはいろいろな表現方法があるように、手形アートでも、いろいろな形に表現して楽しんでみましょう。

 

やり方

  1. アルバムを用意します。
  2. 絵の具、筆、スタンプインクを用意します。
  3. 手に絵の具、またはスタンプをつけて、ペタンとします。
  4. ウェットティッシュでふき取ります。
  5. 筆で、LOVEを描いて完成です。

アルバムの大きさは、お子さんがやりやすいように手形、足形がすっぽり入る大きさがいいでしょう。

LOVEを手形アート初めて挑戦するお子さんなら、Oの字から、抵抗なくできるようならVの字をやってみましょう。

お子さんのLOVEの手形、足型を残した素敵なアルバムにしてみましょう。

 

マイバックに動物の手形

白地の布バックに手形を付けました。

手形でできるかわいい動物たちは、たくさんあります。

その中でも、手を逆さまに押してできたのが、象です。

親指の部分が鼻に、残りの指4本は、足になります。

耳と目を描けばカワイイ象の完成です。

他には、手を横にペタンとして、親指の先に口ばしを描けば鳥になります。

 

やり方

  1. 無地の布バック、絵具と筆を用意します。
  2. 手に絵の具を塗ってペタンと押し付けます。
  3. その後、筆でイメージした絵を描きます。
  4. 乾いたら完成です。
  5. 最後に手についた絵の具をふき取りましょう。

白地だと、どんな色でも映えます。

何色も重ねてカラフルにして、オリジナルのエコバックにしましょう!

 

母の日のプレゼントに幼児と手形アートを簡単にやるやり方のコツも紹介!

お子さんと楽しく手形アートを作るときは、雰囲気を大事にしたいですね。

すぐに取りかかれるように準備をして、時間に余裕を持って始められるようにします。

お子さんが初めてなら、緊張感をほぐすために、好きな音楽を流しながら作るのもおすすめです。

 

幼児と手形アートを簡単にやるポイントは?

初めて手形アートをするお子さんは、絵具よりもスタンプ台がおすすめです。

スタンプ台の方が、一回でインクをつけることができます。

楽しさが分かってきたら、絵の具を使ってみましょう。

ただし、赤ちゃんにつけるときは、静かに寝ているときにつけることと、パッと終わらせるように進めることがポイントになります。

お子さんの手に絵の具を塗るときは、親指と人差し指の間(アーチ)部分がつきにくいので、しっかり塗って親指の付け根まで押し付けましょう。

 

便利グッズ

手形アートは、材料をたくさん買いそろえる必要があまりないため、比較的取りかかりやすいと思います。

基本的に画用紙と絵の具があればできますが、もう少し凝ってみたい時は、上記でご紹介したアイディア5選を参考にしてみるといいでしょう。

材料を下記にまとめてみました。

  • スタンプ台、水性絵の具、ぺん、クレヨン、筆
  • 画用紙(薄めの色を用意するといいでしょう。)
  • 布(画用紙の代わり)、コルクボード、紙粘土
  • 折り紙、マスキングテープ
  • 新聞紙
  • ウェットティッシュ

布に手形をつければ、ファブリックボードも作れるし、布をそのまま壁に画びょうなどでつけてもオシャレになります!

 

幼児と手形アートをやるときの注意点

幼児と手形アートとする時の注意点がいくつかありますので、ご紹介します。

  • インクや絵の具をつけすぎないようにしましょう。
  • 少しでもグズったり嫌がるときはやめておきましょう。
  • 無理な体制で取らないように注意しましょう。
  • 画用紙などを数枚用意しておきましょう。
  • お父さんお母さんが、見本を見せてあげましょう。

インクや絵の具をつけすぎると、滑ってしまうこともあるのでつけすぎに注意しましょう。

とても楽しみだけど、お子さんの気持ちをくみ取りながら、楽しくできるようにしたいです。

失敗してもすぐに出来るように、画用紙は数枚用意しておくとよいでしょう。

お父さんお母さんが計画を立てて準備をしてあげることと、お子さんに実際に見本を見せることで、楽しさが伝わります。

 

まとめ

母の日のプレゼントに手作りの幼児手形アートのやり方をご紹介してきました。

手形アートは、その時の成長の証となり、一生残るものです。

「この手形をとった時は、こうだったんだよ。」

と、振り返ってみたときに良い思い出として話し合えるように、楽しくやることが一番です。

母の日のプレゼントに、幼児の時期の手作り手形アートをもらえるなんて、幸せなことですよね。

いろいろなやり方を参考にしながら、素敵な手形アートを作ってください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket