転職後すぐの妊娠は迷惑?子作り最短でいつから?

転職後すぐの妊娠は迷惑?子作り最短でいつから?
Pocket

妊娠は奇跡であり、赤ちゃんができるというのはとても素晴らしいことですよね。

しかし、もしも転職してすぐに妊娠が発覚した場合、会社にとって迷惑になってしまうのではと考えてしまい、焦ってしまうかもしれません。

現代の女性は仕事も家庭も両立している人が大半であり、こんなケースになってしまう場合もあるでしょう。

育児しやすい国とは言えない日本だからこその問題なのかもしれませんが、実際に転職後すぐの妊娠は、気まずくて言い出しにくくなることは容易に想像できます。

では転職後、最短で子づくりを計画したい場合、いつからならば常識の範囲内で認められるものなのでしょうか。

この記事では「転職後すぐの妊娠は迷惑?子作りは最短でいつから?」と題して、転職後の妊娠はいつからならば迷惑をかけなくて済むのか、最短でいつから子づくりを計画すればよいのか、などについてまとめていきたいと思います。

 

転職後すぐの妊娠は迷惑?

転職後すぐの妊娠は迷惑?子作り最短でいつから?

転職後すぐに妊娠が発覚した場合、やはり会社にとっては迷惑となってしまうものなのでしょうか。

ここで、転職後すぐの妊娠は迷惑だと思っている人はどんな意見を持っているのか調べてみました。

その人の人生設計もあるだろうから面と向かっては伝えないけど、内心はかなり迷惑。

戻ってきたとしてもまた一から教えないといけないのが面倒。

辞めるなら別にいいけど、産休取るとかいうなら図々しいし、復職するというなら迷惑かな。
妊娠はおめでたいことだけど、ちゃんと計画してほしい。

無責任すぎると思う。

転職後すぐに妊娠したとしても、辞めるならば別にいいけれど、産休や育休を取ったり、復職を希望していたりするならば正直迷惑といった意見が目立ちました。

転職してすぐは戦力としてカウントされていない場合がほとんどなので、ある程度仕事覚えるまでは仕事に専念してもらいたいというのが会社側の意見ではないでしょうか。

内心では迷惑に思っているという意見が多いことは事実ですが、迷惑ではないという派の意見も少数ですがみつかりました。

正直困ることはあるけど、ある程度の年齢の女性を採用した時点で会社もある程度覚悟しているはず。

上司や同僚と話し合って、元気な赤ちゃんを産んでください!

負担が増えたりすることは正直あるけれど、妊娠の可能性がある人を雇った時点である程度は予想できるはずなので、周りと話し合って産むべきという意見もみられました。

では次に、迷惑派の意見で【育休】が迷惑に当たると言う声が多かった部分について、もう少し深堀りしてみましょう。

 

育休が迷惑なのは仕事のしわ寄せだけが理由じゃない?

転職後すぐの妊娠で、一番問題なのは【育休】を取ることなのでしょうか?

転職後すぐであるか否かに関わらず、誰かが育休を取ることで、同僚に多少のしわ寄せがいってしまうのは紛れもない事実であると思います。

しかし、仕事のしわ寄せ以外の理由でも、迷惑と感じている人の意見もあるようなので調査してみました。

すると、主に2つあることが理由として挙げられている事がわかりました。

以下に箇条書きでまとめてみましょう。

  1. 逆マタハラ問題
  2. 妊活中の女性の複雑な心境

サポートする側がハラスメントの被害にあってしまう逆マタハラや、妊活中の女性の複雑な心境による意見などがあるようですね。

ひとつずつ順番に詳しくみていきましょう。

 

逆マタハラ問題

「マタハラ」とは、妊婦に対して嫌がらせをする行為のことですが、逆マタハラとは言葉どおりその逆で、妊婦や育児中の人の周りが被害を被ってしまう状態のことです。

「妊娠していることを言い訳にし、みんなが嫌がるような仕事をやらない」

「育児中だからという理由で、遅刻や早退を繰り返しても謝るどころか開き直る」

などが挙げられます。

この問題により、仕事のしわ寄せはもちろんのこと、妊娠や育児を理由に仕事をおろそかにする人に対してモヤモヤしてしまったり、妊娠していることがそんなに偉いの!?など、不満を持ってしまうことがあるようです。

産休、育休を取得する側の心得としては、感謝の気持ちをきちんと言葉で伝えることと、できる限り同僚の負担にならないようにスムーズに引継ぎすることなどが求められるでしょう。

 

妊活中の女性の複雑な心境

次に挙げられるのが、妊活中の女性の心境です。

妊娠と違って「妊活中なので休みが欲しい」とは言いにくく、その結果周囲からのサポートが得られず、モヤモヤしてしまうといった状況があるようです。

妊娠したくてもなかなかできない女性からすると、妊娠した人のフォローをするのが精神的につらいと感じてしまうのも無理はないですよね。

産休や育児を取得する側の配慮として、過剰に妊娠や子供の話をしすぎないことが求められるのではないでしょうか。

それ以前に妊活に対してのサポートがまだまだ充実していない日本の制度にも問題がある気がしますね。

 

転職後の妊娠が迷惑でない子作りは最短でいつから?

転職後すぐの妊娠は迷惑?子作り最短でいつから?

様々な要因で、転職後すぐに妊娠するのは、あまり得策ではないとわかりました。

では、転職後の子づくりを計画する場合、最短でいつからならば受け入れてもらえるのでしょうか。

会社にも常識の範囲内として、なおかつ制度をうまく活用できるタイミングはいつなのか?を徹底調査いたしました。

すると、現実的な期間や時期が見えてきましたよ!

  1. 産休、育休をフルに取得したい場合は入社後3か月頃から子づくりを開始するのが最短
  2. 会社側の意見をまとめると、少なくとも1年は妊娠せずに仕事を覚えてほしいのが本音

まずは制度の面だけをみた最短の時期は、入社後3か月が経ってからが妥当ということがわかりました。

詳しく解説すると、そもそも産休はすべての女性に与えられた権利であるため、何年間は働かなければならないという決まりはありません。

しかし、問題は育休です。

育休を取得する場合は「同一の事業主に引き続き1年以上雇用」されていることが条件となる場合が多いようです。

育休の申請は、育休開始希望日の1か月前までの申請が必要になります。

この申請をする時点で1年以上雇用されていないと、育休が認められないということです。

これを逆算すると、妊娠期間は10カ月ですので、計算上では入社後2カ月で子づくりを開始しても、育休を取得できるといえます。

しかし、生理のタイミングや申請の曜日(土日祝は申請できない)などを考えると、余裕をみて入社後3か月経ったあとに子づくりを計画すれば、育休を取得できるという見解です。

ですが、この計画でいくと入社後3か月で妊婦となるので、慣れない仕事をやりつつ、つわりに耐えなければならなかったり、検診などで休むことが増えることになるので、妊娠する本人にも相当な負担となります。

もちろん会社側も、新人が妊婦という状況は非常にやりにくいでしょうし、あまりいい選択とはいないでしょう。

続いて会社側の意見も踏まえた最短の時期をみてみましょう。

やはり本音としては、最低でも1年は妊娠せずに仕事に専念してもらいたいという意見が多くみられました。

仕事を覚えて戦力になるまでの期間は人によって違うものですが、常識的な範囲内という見方からしても、最低1年は仕事を覚えて会社の雰囲気を知る期間として必要ではないかと思います。

1年でも短い!という意見も少なからずあったのですが、子づくりにはタイムリミットがありますし、人によっては何年経っても「妊娠するなんて迷惑」と考えてしまう人も存在するので、会社の人全員が納得した状態までもっていくのは難しいのではないでしょうか。

 

転職後の子作りのベストタイミングはいつ?

ここまでの調査結果を踏まえると、転職後の子づくりのベストタイミングは、『転職して1年が経ってから』という結果になりました!

1年経てば、ある程度は仕事を覚えることができますし、なにより良い人間関係を築くのに必要な時間だと思います。

誠意を持って仕事に臨み、良い人間関係を作っておけば「この人には戻ってきてもらいたいからわたしたちがフォローするよ!」と、快く産休・育休の取得を応援してもらえますよね。

その他に大切なことといえば、やはり産休・育休を取得しやすい会社に転職するというのも重要になってくると思います。

まだまだ仕事を続けながら妊娠や出産をする女性に対してマイナスイメージを持っている企業は多くある印象です。

男性の比率が多い会社もそのようなところは多いのではないでしょうか。

産休、育休を取得後、復職した前例が少ないところですと、スムーズにいかないこともあるようなので、そのあたりも考えながら転職活動をするというのも大切になってきそうです。

そんなところも考えながら転職をし、1年間は仕事に専念し、自分自身も仕事に慣れてきたタイミングで子づくりを開始するのがベストであると考えます!

 

まとめ

転職後すぐの妊娠は迷惑?子作り最短でいつから?

「転職後すぐの妊娠は迷惑?子作りは最短でいつから?」と題して紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

転職後すぐに妊娠が発覚した場合迷惑になってしまうのかという疑問や、転職後の子づくりの計画は最短でいつから始めるのがよいかという内容についてまとめていきました。

このようなデリケートな内容は、立場によっても意見がかなり変わってくるものだなという印象だったかと思います。

様々な問題はたくさんありますが、妊娠自体はとてもおめでたいことに変わりはありません。

妊娠、育児をする側も、サポートする側も気持ちよく仕事ができるような制度や仕組みが充実することが一番の解決策になるのではないでしょうか。

Pocket